革ジャンで仕事

 去年も、いまの時期に、部屋で革ジャン着て仕事してました。
 電気ストーブだけでは、寒いのですよ。
 エアコンつけると、頭の上から暖かい空気が吹きつけてきて、頭がボーッとなってしまいます。ガスストーブは古いのがあるけど、臭くて空気が悪くなるし、そもそも古すぎて危なさそう(^ω^;) 
 というわけで、仕事部屋に置いてある中では唯一の厚い服である革ジャンを着ての仕事と相成るわけです。
 革ジャン着てると、織田作之助になったみたいな気がして、バシバシ書けそうになってくるから、不思議です。
 ……というか、単なるミーハーなんですけどね(´ー`)
 ……それに、バシバシ書ける気になるだけで、実際は書けないのですけど(^o^;)
b0122645_1245636.jpg

 なんか、疲れてる顔ですなあ……。
by ashikawa_junichi | 2009-01-16 01:24 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by 怪しい職人 at 2009-01-16 20:43 x
ミ~ハ~は存知あげてます(笑
ぜんぜん疲れた顔ではないですョ

Commented by ashikawa_junichi at 2009-01-16 23:27
>怪しい職人さん
 え!? そうですか! 疲れて見えないのならOK!(⌒^⌒)b
 なんで、ミーハーだって知ってるんでしょ???
<< 母親の17回忌 息子のインナー >>