感動しました

 山口放送制作のドキュメンタリー『山で最期を迎えたい ある夫婦の桃源郷』を観ました。
 生きているかぎりは、体を動かして山で畑を耕して物を作っていたい……いい生き方ですね。
 夫婦の愛情が胸に迫ってくるとともに、それを支える娘たち家族の情愛に打たれました。
 20年近くの話が1時間に凝縮されて、あっという間でした。
 それにしても、いい夫婦で、いい家族ですねえ……。
 痴呆症になったおばあちゃんが、山に向かって(亡き)夫を呼ぶ声を聴いて、涙が出ました。
 山で暮らしていたときも、帰りが遅いと、そうやって呼んでいたのです。
by ashikawa_junichi | 2009-01-25 17:33 | 人生 | Comments(2)
Commented by からす at 2009-01-25 23:23 x
生涯現役・・・・。
夫婦そろって思いが同じ方向に向かってること
そんな仕事が・・・そんな人生ってすばらしいと思います。

良い放送のようですネ。
見てみたいです。
Commented by ashikawa_junichi at 2009-01-25 23:26
>からすさん
 20年近くカメラをまわしてるんですよ。制作者の熱意も感じました。
 日本放送が、地方局制作の番組から選ぶ「日本放送大賞」の受賞作だそうです。
<< 朝青龍恐るべし 留守番 >>