いただきました♪

 稲葉稔さんから糸針屋見立て帖 宵闇の女』(幻冬舎文庫・600円+税)をいただきました♪
 主人公・夏が、脱藩浪士殺害の下手人を目撃! 居候先の糸針屋の女店主・千早を巻き込んで事件の真相究明に乗り出すのですが、一人、また一人と、周囲の人間が殺されていき、夏にまで魔の手が……!((((;゚;Д;゚;))))
 最近、女性読者も増えている時代小説。稲葉さんの新作は、もちろん女性読者に歓迎されるでしょうが、元気なお転婆、そして楚々としたしっかり者のおなご好き男性にもお薦めです!(前者は夏を、後者は千早のファンになるでしょう)

 ところで、稲葉さんは10日発売の『この文庫書き下ろし時代小説が凄い!』(宝島社)の「時代小説愛好会が選ぶベストシリーズ20」で堂々の2位を獲得されました!
 おめでとうございます♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ♪
 2位は『俠客銀蔵江戸噺』(ハルキ・時代小説文庫)に対してのものです。(なんでも、08年度に四巻までしか発売されてないシリーズが対象で、それ以上の巻が出ているものは、別枠で選んで紹介されてます)
 ちなみに、僕はというと……16位に『福豆ざむらい事件帖』が、なんとか滑り込んでました(^^ゞ
 もっと頑張らないと!(o・ω・o)ノ
b0122645_16555358.jpg

by ashikawa_junichi | 2009-04-09 00:41 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 食べ過ぎのせいで 食べすぎましたヽ(´・`)ノ >>