新刊発売!

 徳間書店より連続3カ月刊行の第3弾がついに発売になります!
朝露の楽多郎 居残り侍』(徳間文庫・660円税込)です!
 都内の大きな書店では、すでに発売されてます。
 帯には「流れに逆らわず放浪す 置き土産は心」とあります。
 楽多郎は、品川の旅籠(ほぼ遊廓のような場所)に金のかたに居残りをすることになります。どこかで聞いた話ですって?
 そう! そのとおり、落語の『居残り佐平次』 さらに、この落語をベースに作られた川島雄三監督の映画『幕末太陽伝』を下敷きにしています。
 といっても、居残るという基本設定だけですが。
 佐平次は、幇間(太鼓持ち)のごとく立ち振る舞い、いつしか人気者になりますが、楽多郎は浪人者、幇間にはなれません。では、どんな「居残りさん」になるのか!?
 ぜひ、ご一読を!
b0122645_22375579.jpg

by ashikawa_junichi | 2009-09-04 22:32 | 小説・本・仕事 | Comments(10)
Commented by 聖 龍人 at 2009-09-05 17:13 x
この表紙の顔、芦川さんに似てるような気がする.o0
いや、本物はもっといい男だけど(^_-)
Commented by ashikawa_junichi at 2009-09-05 17:39
>聖 龍人さん
 ええっ、似てますか!?
 こんなに眉毛は太くないですが、顎が張っていたりするとこや、鼻の穴は似ているかも(^o^;)
 ちなみに、こんなに毛深くなく、仰るとおりに(お気遣い感謝です)いい男です(o^ з^o)v
Commented by 怪しい職人 at 2009-09-08 13:14 x
週末出かけたので、購入して来ました♪
Commented by ashikawa_junichi at 2009-09-08 15:35
>怪しい職人さん
 ご購入、ありがとうございます♪m(*^ω^*)m
 また、飴屋さんを登場させようかと、ふと思いました(^o^)
Commented by ち~ぼ at 2009-09-12 07:52 x
挿絵の楽多郎、アシシさんに似てるぅ~

今度の楽多郎、面白いっすねぇ~
「おかしいのは、何度か頭もぶつけてるから」とか、ちらりちらりと親父の小技ギャグ満載っす!

次回の苗字はなにかなぁ~??
Commented by ashikawa_junichi at 2009-09-12 16:57
>ち~ぼさん
 そうですか、似てますかねえ???
 いままでも面白かったけど、今度はとくに!という意味ですよね! ね!(強引?)
 次回の苗字はですね……血疣楽多郎というのはどうでしょ?(^o^)
Commented by ち~ぼ at 2009-09-12 21:25 x
えぇ~(>o<")、ググったらイボジって出てきたよ!
やだぁ~

伊豆に出現し、白浜でのら犬の頭を撫でながら、

「白波楽多郎さ!」とか、


秋だから紅葉とかどうですか?

庭を眺めながらいうのです。

「そうさなぁ~、わしの名前は・・・紅葉っ、もみじ楽多郎さ!
  もっとも、面倒ばかりで苦多郎だけどね!」

ありゃ?どこぞの映画みたい??
Commented by ashikawa_junichi at 2009-09-12 21:50
>ち~ぼさん
「白波」というと、泥棒さんのことですから(^o^;)
 紅葉(もみじ)楽多郎というのは、イイですね♪
 苦多郎というのも、いただきかも!

 血疣(ちーぼ)はイヤですか?
 では、女のアソコを見て「恥穂楽多郎」というのは!?
 いや、男のアソコを見て「珍歩(チンポ)楽多郎」というのは!? これでは、ち~ぼさんから離れてしまいますねヾ(@^▽^@)ノ
Commented by ち~ぼ at 2009-09-12 22:13 x
いやぁ~ん!(^。^)
最近、下ネタ冴えてますね!

私のハンドルネームにかけてたんですね!

白波は泥棒を意味するのかぁ~

昔のたとえ話は、難しいですねぇ~
Commented by ashikawa_junichi at 2009-09-13 00:57
>ち~ぼさん
 いえいえ、冴えてるのは下ネタだけではありませんのよん♪(o^ з^o)v

 ところで、遅くなりましたが、誕生日、おめでとうございます♪+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚
<< 表紙を並べてみると ダイエット本 >>