特選小説4月号に『猫目の峰吉』

特選小説4月号』(綜合図書・840円税込)が発売になりましたが、僕は『猫目の峰吉』という時代小説の短編を書かせていただいています。
『特選小説』といえば、官能小説誌なのですが、時代小説はゲスト扱いで官能シーンはなくてもよいと言われていました。でも、書いているうちに、なぜか濡れ場になり、少し書きましたよ! まあ、ほかの作品に比べれば微々たる官能シーンですが(^o^;)
b0122645_10521.jpg

『猫目の峰吉』は、ずっと書きたかった盗賊ものです。義賊ではありません。ただ、汚いことはしない盗っ人気質の持ち主です。それが、ひょんなことから自害寸前の武家の女を助けます。さて、それからどうなるか!?
b0122645_113853.jpg

by ashikawa_junichi | 2010-02-20 01:02 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by 聖 龍人 at 2010-02-22 11:15 x
おう盗賊もの。私は来月です。平安ものです。先にいっておかないとまたかぶると困るw 
Commented by ashikawa_junichi at 2010-02-22 14:45
>聖 龍人さん
 さすがに、まだ平安ものを書く予定はありませんです(^o^;)
<< また矢切へ ひさびさにまめ♪ >>