せっせと

 書いております。
 実は、時代小説では、初めての本格的長編なんです。慣れてないせいか時間食ってしまってます。
 これまでは、長編と謳っていても、ひとつの主筋を軸にした短編連作といってよい形式でした。まあ、長編といってもいいのですが、それと区別するために、今回のは「本格長編」です。

 しかし、疲れからか眠いです。なんだか胸も痛い。肋間神経痛か!? ずっと同じ姿勢でいるせいでしょうね。書き終わったらプールいって泳ぎたいです。
 ともかく、いまはせっせせっせと書きますですよお!!! 
by ashikawa_junichi | 2010-03-06 21:31 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by からす at 2010-03-06 22:10 x
長編ですか!!(^^)
楽しみにしておりますぞぉ。。。

本日、アマゾンさんが新刊2冊を届けてくれました♪



・・・・カラマーゾフの兄弟、2巻目で挫折(^_^;)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-06 23:40
>からすさん
 長編といっても、分量はいつもと同じです。
 1冊1ストーリーといった感じです。ほかの要素ももちろん入ってきますが。

 おっと、ご購入ありがとうございます♪

『カラマーゾフの兄弟』は、思弁的な箇所を我慢して読めば面白いですよ。もともとは大衆的な新聞小説ですから。
 どうしても面倒だったら、思弁的な箇所は読まなくていいかも(^_^;
<< にゅ尻言葉 凄いぜ、哉ヰさん! >>