にゅ尻言葉

 辻仁成氏が、ツイッター小説を書いてますね。現在進行中ですが、にゅ尻言葉というものを広めたいようす。
 語尾に「にゅ」をつけるのだそうでにゅ。そうすると、いついかなるときでも、叫ばず、ぼやかず、つぶやけるそうでにゅ。
 フォロワーが4,000人を超えたそうでにゅ。つまり読者ってことでにゅ。

「そうにょろ」というのは、昔「夢で逢えたら」というテレビ番組で、ダウンタウンの松本氏が、皺だらけの爺さんを演じたときの言葉ですにょろ。そうにょろよ!

『げまげま』って漫画では、ずいぶん前から「にょ」という語尾を使っていて「にゅ」もときどき出てくるにょー。

 関心のあるかたは、検索してください。「にゅ尻言葉」でも、ヒットするはずですよ。「妻」が頻繁に登場します。妻っていうとミポ……いや、フィクションだから関係ないでしょう。
by ashikawa_junichi | 2010-03-07 20:54 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by ぽぽす at 2010-03-07 21:59 x
仕事で銀行に出向くことがあり待ってる間女性週刊誌を読むのですが、最近辻仁成氏のエッセイが楽しみになっていまして、フランスでの子育ての話なんですけど、なんだか不思議な人だなぁと。なのでフォローしてみようと思います♪あ・・思いまにゅ(こんな感じですか?
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-07 23:10
>ぽぽすさん
現在第53話掲載中です。
変わった人のようですね。……というか、作家なんてみんな変人ですが。(僕は違います)
まとめて読むにはここへどうぞ♪→http://togetter.com/li/8283
にゅの使い方は、いいんじゃないのかにゅ。
<< ツイッター小説 せっせと >>