非実在青少年規制法案

 都議会で可決されようとしている「非実在青少年規制法案」というのは、実に危険な法案なので、反対!
 とりあえず、民主党にメールしておきました。時間があったら、都議会議員などにもメールしなくちゃ。
 だいたい、18歳以下に見えるってだけで、キャラクターの性的描写を規制するなんて無茶苦茶でござりまする。
 この場合の「性的描写」というのが曲者で、取り締まる担当者の判断で決まるようです。明確な基準はないというわけです。
 どのようにも解釈できる規制法案は、表現行為自体を蝕む元凶となるでしょう。
 そもそも、子どもを侮ってはいけません。かなり過激な描写でも、それを目にすることによって、歪んだ性意識が育まれるなんてことはないですよ。
 まあ、そうした議論をするのは脇道にそれたことなります。(すみません、僕が脇道にそれました)
 もっとも重要視しなくてはいけないのは、この規制法案は絶対に危険だということです。恣意的に使われたら、赤狩りのようなことになります。
 たとえば『one piece』や『ドラえもん』ですら規制されかねないのです。
 みなさん、この危険な法案を可決させないように、まずは民主党にメールしましょう!
 青い文字をクリックすれば飛べます。ねんのためにURLも。
https://form.dpj.or.jp/contact/
 都議会議員の名簿はこれです。
 ねんのためURLも。
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/membership/electoral_zone.html
 自民党はここです。
https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl
by ashikawa_junichi | 2010-03-15 23:19 | 小説・本・仕事 | Comments(8)
Commented by 世田谷丸 at 2010-03-16 00:03 x
ほんとにヒドい条例案ですよね。都知事と副知事の1人がモノカキだという史上初のコンビの時代に、こんな言論統制条例案が提出されるんだから、これはもう首都の悲劇であり、悪い冗談ですよね。とはいえ、笑ってすませるわけには、絶対にいかないですが。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-16 00:46
>世田谷丸さん
 なんだか坊主憎けりゃ袈裟まで憎いって感じで、すべて児童ポルノって枠組みで規制しようってんですから、言語道断ですよね。
 なんとか廃案になってほしいものです。
Commented by ダー松 at 2010-03-16 16:18 x
昨年の都議会議員選挙で民主党が
大勝したので数で否決できると
油断してました……
こりゃいかん!と
民主党と何人かの議員にメールを
送りました。
しかしマンガ、写真、アニメ、ゲーム、ネット
携帯……いろんな文化ジャンルに
「小説」を完全無視しているのは
あの都知事に気を使っているのでしょうか?
まことに木っ端役人的発想で
「小説の影響力を馬鹿にするな~~~!」と
小説家の皆様にも芦川さんのようにガツン!と
怒ってほしいものです??
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-16 23:10
>ダー松さん
 都知事も取り締まるべきだと答弁してましたね。
 あの『太陽の季節』の作者が! ほかで評判悪いから、ここでいい顔しておこうってんでしょうか。
「小説の影響力を馬鹿にするな~~~!」
 とガツンと言ってやったら、当の石原知事が、
「影響力なんてないね。昔はあったけどな。あんたたちは知らないだろうが、俺の小説は悪名高い太陽族を生んだほど影響力があったんだ。どれだけ風俗を紊乱させたか、そりゃ凄いもんだったぞ。今の小説に、あのような影響力は皆無だ。分をわきまえろ!」
 とでも答えて顰蹙を買ってほしいもんですね。
 でも、本当にそうなのが悔しいですけど(^o^;)
Commented by 世田谷丸 at 2010-03-17 11:07 x
採決せずに継続審議にすることになったようですね。とりあえずはよかったですね。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-17 13:45
>世田谷丸さん
 ひとまずよかったですね♪
 著名漫画家たちの活動のおかげも寄与していると思います。
 これからも都議会の動向から目が離せませんが。
Commented by 哉ヰ at 2010-03-17 14:36 x
僕も昔短い間ですが、友人に誘われて同人誌を描いていた時期も
ありましたし、今やっているアートコミックでは海外の読者相手
だという事もあり、ハリウッド映画と一緒で作中にお約束として
何らかのベッドシーンは入れないといけないみたいなので、今回
の法案は僕にとってもまさに直接関係して来る部分でした。

まぁでも実際近場の若い18禁漫画描きの中には明確な意識を持
って作品作りをしている人が少なくなって来てる事実も一つある
気もしますので、「作品と現実は別」という前提を当たり前だと
いう理由で「混同する方がおかしい」と切り捨てるのではなく、
「混同する人もいる」という事実を分かった上で、覚悟を持って
執筆する!っていう気持ちを作家側が持つ事が必要な時代なのも
事実なのかもしれませんね。・・・考えるほど難しい問題です。

「規制する事の間違い」と「規制しない事による間違い」。
「その事を自覚している作家」と「その事に無自覚な作家」。
一面だけ見ての論じ合いでは解決出来ない溝も多い気がします。

・・・未熟な若輩者の僕なんかが言えた義理ではないんですが(苦笑)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-03-17 15:20
>哉ヰさん
 >>「混同する人もいる」という事実を分かった上で、覚悟を持って
執筆する!っていう気持ちを作家側が持つ事が必要な時代なのも
事実なのかもしれませんね。・・・考えるほど難しい問題です。

 そうだとすると、難しい問題ですね。それでPTAも躍起になっているのでしょう。

 ただ、審議継続となった理由のひとつに、明確な規制の基準についての詳細を示す条例施行規則が定まっていない……つまり規制の基準についての議論がまだなされていない、というようなことがありましたが、それが最も必要なことだと思います。
 恣意的に規制されると、まさに赤狩りになってしまいます。
 法案を用いて規制をしようという勢力にとっては、どのようにでも解釈できるほうが楽でいいのは当然でしょうが、それはあまりに危険なことだと思います。
<< いただきました! 着信メロディ >>