脅威

 いやはや、安達Oさんのブログで、大変なことを知りました。
 なんと! 本を一冊丸ごと100円でPDFにしてくれる会社が現れたとか! そんなアホな……唖然としてしまいました。
 図書館で出来立てほやほやの新刊をすぐに並べて貸し出すということだけでも、ちょっとでもいいから間を置いてくれと言いたかったのに……それ以上の脅威です。
 これが広がっていけば、本を買う人はさらに減ってしまうではないですか! 個人所有の本を一冊だけってのなら分かりますよ。持ち運ぶのが面倒だから端末で読むということなら。ですが、どうやら何度もOKらしく、無料頒布なんてことにもなってしまったら、ただでさえ売れない作家は、到底暮らしてはいけません(;´д`)
 安達Oさんは、作家の団体などに、このことをメールで知らせてくださったそうですが、対処は遅れているようです。
 推移を見守って行かねばなりませんね。
by ashikawa_junichi | 2010-04-16 16:49 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 大観音と吊り橋 新刊発売! >>