村木さん事件から得る教訓

 朝松健さんから教えていただいたサイトです。

 山崎元のマルチスコープ

 そして、朝松さんは、こう日記に書かれています。

自分が不利な状況下の持久戦をたたかう時には高すぎる目標を掲げて目の前の現実とのギャップに落ち込んだりしない。目標は低く設定して最低限それを守る。体調を崩さない。精神の揺れやミスに気を付ける。余計なことは考えない。余計な真似はしない。最も重要度が高くて、低い目標のために農耕的に進む。・・・よし、これくらいは自分でも出来そうだ。

まさか、この事件が、小説のネタということでなしに、作家として生きることに役立つとは思わなかった。(以上引用)

 まさしく!

 これ、朝松さんの日記(右欄の「新・日記代わりの随想」)を読んでいただければ、いいだけの話なですが、私のメモということで(^o^;)
by ashikawa_junichi | 2010-09-22 17:20 | 小説・本・仕事 | Comments(8)
Commented by ひじり at 2010-09-22 18:49 x
なうほどぉ……目からウロコ。まずは1ページ。ふむ、1行から……いや1字から……チョト違う?
Commented by ashikawa_junichi at 2010-09-22 21:48
>ひじりさん
 ちょっこし違います(^o^;)
 私は4~5月に高い目標(自分にとってですが)みたいなものを掲げていて、そのためにスランプになってしまいました。
 出来ることをともかくやればいいって、当たり前のことなんですが、つい力が入ってしまい、あとで大変なことになってしまいました(-o-;) 
Commented by 小春 at 2010-09-22 21:52 x
いつ何時、何の犯罪者にでっち上げられるか、誰もわかりませんよね……それを考えたら怖くなります、何もやってなくても。
「やっていない」を貫ぬくことはとても大変なことなのでしょうが、万が一のときは貫こうと思っています。って、頑張れるんだろか……。
Commented by ☆t.chino at 2010-09-22 22:31 x
本当に、身に染みることばですね。
でもいざとなると、これが難しいんですね。肝に銘じたいと思います。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-09-22 23:17
>小春さん
 恐いですよね。冤罪なんて、権力がある者が作ろうと思えば簡単なんですから。
 ともかく、ひとときの辛さから逃れようとしないことでしょうか。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-09-22 23:19
>☆t.chiinoさん
 難しいんですよねえ。
 現実とのギャップに打ちのめされるんですよね。でも、ともかくまずは身近な一歩からってことでしょうか。
Commented by chanbarasky at 2010-09-23 08:37
なんだか、正座させられて怒られているような気分になりました(^◇^;)。
しかし余計なことを考えたくないのに、常に頭に忍び込んでくるからなあ……借金返済が……
でもそれも、慣れというか、だんだん恐くなくなって来てることも確かなんですが……

朝松さんのこの文章も、書き写して壁に貼っておきます!
Commented by ashikawa_junichi at 2010-09-23 16:42
>chanbaraskyさん
 結局、検索の罠に捕らわれないためのサバイバル術なんですが、作家の心得にもなるということですよねえ。
 いや、作家だけでなく、どんなことに関しても心得となりますよね♪
<< 墓参り(幸運にも傘必要なし) いただきました! >>