凄い情報3つ!

 まず、都筑道夫の『なめくじ長屋』シリーズが光文社文庫より、新装版となって今月から発売されるそうです。
 第一巻目は『ちみどろ砂絵』『くらやみ砂絵』の2冊分を収録。20日ごろ発売予定だそうです。これが決定版でしょうか。

 2つ目は、市川雷蔵没後40年特別企画『大雷蔵祭 in 新文芸坐』です。hanaさん、知ってましたか!? もちろんご存じでしょう。13日から26日までです。(上映スケジュールをクリックして下へスクロールしてください)
 私も行きたいけど……無理かなあ(^o^;)

 3つ目は、お墓めぐりがブームのようですが、豊島中央図書館が刊行した『ぶらり雑司ヶ谷文学散歩』(伊藤榮洪著・500円税込)は、雑司ヶ谷霊園散策のお供に最適です。これは素晴らしいです。一般書店やネットでは販売しておらず、豊島区の図書館でお求めください♪
 写真を追加します。地図がついてます。(クリックしても大きくはなりません)

b0122645_1845497.jpg

by ashikawa_junichi | 2010-10-04 17:35 | 四方山話 | Comments(10)
Commented by 植草昌実 at 2010-10-04 17:44 x
なめくじ長屋の合本版! 待ち遠しいですねー。
Commented by 足立区のおじさん at 2010-10-04 18:02 x
10月9日のオールナイトは、なかなか意地悪な番組ですな〜。これじゃあ「さよならジュピター」が可哀想……。
で、雷蔵オールナイトの「炎上」「破戒」の二本立は、凄い!
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-04 18:06
>植草昌実さん
 いままで全12冊でしたから、今回は6冊になるようです。
 表紙がどうなるか楽しみだったのですが、どうやら北斎のようですよ♪
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-04 18:07
>足立区のおじさん
 10月9日のオールナイトですが、一本も観てません(^o^;)
『さよならジュピター』の出来がよいのですね!?
Commented by 足立区のおじさん at 2010-10-04 18:45 x
……ノー・コメント。ですが、「幻の湖」と「北京原人」ほどのスゴイ出来ではありません。一応、SFにはなってるし……。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-04 21:05
>足立区のおじさん
 ははあ、なるほど、そういうわけですか!
 やっと意味が分かりました_(^^;)
Commented by hana at 2010-10-04 22:25 x
はいは〜い!
大雷蔵祭は昨年秋からやっていて、即! カレンダーや手拭いなどのグッズを買いにいきました。カレンダーは、毎月破るなんてとてもできないので、そのまましまってあります。

また、手拭いは、いつも雷さまの顔を見ていたいので、顔が見えるように折り畳んで、ノートパソコンの手首あてに使用しております。

映画は見にいきたいのですが…映画館の方がいいとも思うのだけど、ひとりでにんまりとしながら眺めていたい気もして、新宿の時は行ってないんですよ…。どうしよう…。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-04 23:18
>hanaさん
 hanaさんには、言わずもがなのことでしたね♪
 没後40年企画ですから、一年やってるんですよね。いまも根強いファンがいて、雷蔵さんはグレイトですねえ(^o^)
Commented by chanbarasky at 2010-10-05 10:27
あっ。この文学散歩、絶対に読みたい!
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-05 15:06
>chanbaraskyさん
 豊島区の図書館にしか置いてないみたいです。
 雑司ヶ谷の墓地を歩くためのガイドブックを兼ねているので。
<< 酔眼の剣2『凄腕の男』 みなさん、くれぐれもお大事に! >>