「本よみうり堂」に『包丁浪人』が!

 打ち合わせから戻ってきました! 酔いを醒ましてから、仕事します!
 その前にAXNミステリーチャンネルで今日から始まる『ミレニアム』を観ようかな……。
 ところで、稲葉稔さんが、読売新聞本日夕刊の「本よみうり堂」に、私の作品のことが出てるよと、ミクシィメッセージを送ってくれました。いま読売をとってないので、ウェブで調べてみたら、ありましたよ!
 ここです。
 新作が載ったのかなと思ったら、5年前の時代小説デビュー作の名前か上げられていたのでした。
 続編は書かせてもらえるのでしょうか? 版元が時代小説から撤退しているのなら、ほかでつづきは書けませんかねえ……いや、ちょっと待って。これ、書くのが大変なんでした。剣戟でなく、料理で事件を解決する話ですから(^o^;)
 ちなみにその本は『包丁浪人-ぶらぶら長屋始末帖』(ワンツー時代小説文庫・680円税込)です。まだ在庫はあるみたいなので、よろしかったら(^^ゞ
 ……セブンネットでは新品があるみたいですが、アマゾンでは中古品しかありませんね。絶版になってるのかな(^o^;)
b0122645_242934.jpg

「本よみうり堂」では、この本の前に、千野隆司さんの『夏越しの夜-蕎麦売り平次郎人情帖』が上げられてました。嬉しいですね♪
by ashikawa_junichi | 2010-10-18 21:57 | 小説・本・仕事 | Comments(15)
Commented by 足立区のおじさん at 2010-10-18 22:19 x
「江戸料理」に波が来ているようですから、その先駆的作品だったわけですね!パイオニア!
Commented by 植草昌実 at 2010-10-18 22:39 x
『包丁浪人』は面白いので、これを機にまた多くの人たちが楽しんでくれるよう、祈っています。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 01:57
>足立区のおじさん
 5年前の作品を紹介してくれているので嬉しいです♪
 いまの江戸料理物の隆盛を見ていると、ちょっと早かったかなと思ってます(^o^;)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 02:19
>植草昌実さん
 最後にちょっと触れられただけですけど、これで読んでくださる人が出てくるといいなと思います♪
 アマゾンでは新品がないということは、もうすぐ絶版なのかもしれませんが(^o^;) 
Commented by ☆t.chino at 2010-10-19 15:07 x
はい。お名前が一緒に並んでいたので、嬉しかったです。食べ物分野がどこまで伸びるかは分かりませんが、やってみる価値はあると思っています。芦川さんがいらっしゃるなら、張り合いもあります。
Commented by chanbarasky at 2010-10-19 15:13
へえ、僕も料理物を始めていますが、以前の作品が紹介されるってこともあるんですねえ。
いつどういう形で展開が広がるかわからないものですね。逆に楽しみでもありますが(^-^)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 15:57
>☆t.chinoさん
 もう手一杯でアップアップなので、書きたい気持ちはあるのですが……
 余計に手間のかかる設定なので、積極的に動くか迷ってます(^o^;)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 16:02
>chanbaraskyさん
 学研M文庫の『小料理屋花菊純情事件控』ですね!
 書店や読者の反応もよさそうですね♪
 私の作品を取り上げてくれたのは、たまたまでしょうが、ありがたいことです。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 16:09
 私の『包丁浪人-ぶらぶら長屋始末帖』は、剣が駄目な主人公が、料理で事件を解決するという変わり種だったので、紹介されたんだと思います。
 料理で解決すのは……雁屋哲さんや牛次郎さん原作の漫画みたいで、プロット作るの大変なんですよ(^o^;)
Commented by 足立区のおじさん at 2010-10-19 17:00 x
僕も、某編集氏に料理時代物を書かないかと言われたんですが、物凄く大変そうなので辞退しました。下手なことは書けませんしねえ。
八百善の料理とか、調べていくと興味深い世界が広がっていると思いますが、勉強した頃にはもう空席はなくなっているんじゃないかと……。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-19 17:20
>足立区のおじさん
 これからどんどん参入してくる作家が多いでしょうね。
 本格的なものは、高田郁さんのように実際に作っている人に敵いませんから、変格を狙うしかないのでしょうが……それもまた難しそうです(^_^;
Commented by 足立区のおじさん at 2010-10-19 18:10 x
しかし、料理ものの先鞭を切っていたのがアシシ。さんだったとは。今までより五割増しで尊敬致します。でもやっぱりこのジャンルは難しいですよね。多少料理をやる程度じゃ歯が立たないし。変格にも限度がありますし。
Commented by ち~ぼ at 2010-10-19 23:44 x
はぁ~~~い!(^_^)v
持ってまぁ~~~~す。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-20 02:44
>足立区のおじさん
 もともとは白石一郎さんの『十時半睡事件帖』に『包丁ざむらい』という短編があるんですよ。
 それにインスパイアされ、剣で決着をつけず、料理でつけるという侍を考えつきました。
 いまだこのタイプの話はないようですが……難しいですね(^o^;)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-10-20 02:45
>ち~ぼさん
 いやあ、書くのが大変なので、続編はないでしょう(^_^;
<< ゲゲゲ効果持続 うーむ、今週は忙しい >>