息子の中学学芸会

 今日は、雨の中、息子の中学の学芸会のようなものがありました。
 合唱に演劇、三味線にブラスバンドなど。息子は、合唱と三味線でした。中学入学時は甲高い声だったのに、すぐに声変わりし、いまや歌のパートはテノールですよ。
 声が低くなったのはお父さん譲りだと言われましたが、私は子どものときから低かったのです。甲高い女の子のような声を出していた息子が、低い声になるなんて思ってもいませんでした。
 かみさんが高い声ですから、息子はかみさんの声を受け継いだのかと思いましたが、違っていたというわけです。

 この寒い日に、息子は、学校でブレザーを着るのは暑くてしょうがないと言います。
 夜は塾に行きましたが、Tシャツに七分丈の短パン。真夏の格好ですよ。いったいどうなってんでしょう?
by ashikawa_junichi | 2010-10-30 22:24 | 四方山話 | Comments(0)
<< 自分史なるもの 来年の花粉飛散量 >>