息子の災難

 期末テストを間近に控えた中3の息子が、体育の授業で、ハンドボールのキーパーをやり、なんと利き腕の左手親指をひどく痛めてしまいました。
 親指の根元の関節が炎症を起こして、無理をすると一生動かせなくなるから、当分安静だそうです。つまり、鉛筆が持てないということ!
 テストのときだけは無理するしかないけど、あとは動かすなとも医者に言われたそうです。数学の勉強や、英語のスペルは書かないと始まりませんからねえ……困ったものです。
 いやはや。こうなったら右手で書く練習をしてもらうしかありませんなあ。あるいは、親指を使わない筆記方法を生み出すとか。(親指は使わなくとも、力は伝わるので、結果的に痛むようですが)
 まあ、なんとか乗り切ってもらうしかありませんなあ……。なんとも運の悪いやつです。
by ashikawa_junichi | 2010-11-15 23:10 | 四方山話 | Comments(6)
Commented by らんせ at 2010-11-15 23:24 x
 僕は小学校六年で手術するまで、両手の親指が使えませんでした。右・左と手術をする間、使える方で字が書けるようになり、結果、どちらでも字が書けます。それでも時々動かなくなりますけどね。(笑)
 書けないときは声に出すという方法があります。英語のスペルは何度も口にして耳から覚えます。最初は恥ずかしいかも知れませんが、より集中力は増すと思います。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-11-15 23:37
>らんせさん
 どちらでも字が書けるというのはイイですね♪
 息子の場合、利き腕でない右手を使えば、左脳を刺激してよいかも!
 スペルの覚えかたは、息子に伝えておきます♪('◇')ゞ
 ご助言、ありがとうございました!m(*^ω^*)m
Commented by からす at 2010-11-16 11:36 x
ウチの息子も先の中間テスト寸前に風邪をひき惨憺たる結果でした。
健康が一番。。。。
デス(^_^;)
Commented by ashikawa_junichi at 2010-11-16 15:18
>からすさん
 息子さんも災難でしたね。
 風邪は思考能力を奪いますから、大変に辛かったでしょう。

 うちの息子は、内申書をよくしないと高校受験に響いてしまうのですが、1学期がとても悪かったのです。それも試験ではなく、提出物を提出しなかったり、授業態度が悪かったりといったことが減点になってたんですよねえ。
 だから2学期は成績を上げないと、高校受験に響くんです(^o^;)
Commented by 怪しい職人 at 2010-11-17 10:08 x
あぁ 痛々しいですネ あまり無理しないようにしてください。

息子さんは今年受験ですか、受験前は特に気を使いますよ、
うちの長男の中学受験の時、
体育もそうだけど、遊びに行くのも怪我しない様にとか、
インフルエンザも、家族全員で予防接種しました。
それぐらい、気を使います・・・
気をつけながら、がんばりましょう。
Commented by ashikawa_junichi at 2010-11-17 15:47
>怪しい職人さん
 定期テストは分かりませんが、小テストは時間を多く取ってくれるみたいです。
 でも、勉強に支障を来してます(-o-;)

 こちらは気をつかってるんですが、本人がねえ……
 ハンドボールは最後の試合だから絶対に勝ちたいと無理したみたいです。
 サッカー部の試合前には、夜に公園で足を怪我するし……。
 ま、なるようになるでしょう♪ヽ(´ー`)ノ
<< 柿ひとりじめ! 『残り蛍』 >>