『百両の舞い』

 稲葉稔さんより『百両の舞い-武者とゆく〔八〕』(講談社文庫・620円税込)をいただきました♪
 大人気シリーズの『武者とゆく』の第8弾です!(最終巻かもしれないとのことです)
 剣術試合の謝礼百両で剣術道場を開くことが出来た桜井俊吾だが……。
 同心二人の不審な死、将軍献上の茶器の損壊で多額の借金に苦しむ父娘。そして、なんと俊吾の妻お鶴に魔の手が迫る!
「お鶴危うし、武者よ急げ!」と帯にあります。
 武者とは、ご存じのとおり、俊吾の愛犬です。丁度8歳。
 ぜひご購入の上、お読みください!
b0122645_02448100.jpg

by ashikawa_junichi | 2010-12-16 00:24 | いただきもの | Comments(0)
<< 寒いですねえ 可決されちまった >>