稲葉さんの新シリーズ開幕! 医者ものだ!

 稲葉稔さんより新シリーズ第一巻『さばけ医龍安江戸日記』(徳間文庫・650円税込)をいただきました!
 稲葉さんの新シリーズは幼子と暮らす医者が主人公。ただし、剣の腕もたしかです。
 この医者龍安の名を騙った医者が現れ、病に苦しむ人々を救うと見せかけ、毒殺していく! 裏表紙には「人の命をもてあそぶ者がいた時、癒しの手は裁きの剣となる!」とあります。
 そして帯は「貧者に癒し 外道に剣」です。痛快で、しかも人情味のあるドラマが堪能出来そうですね♪
 ぜひ、ご購入の上、お読みください!

 表紙は、私の『ご隠居用心棒』シリーズの表紙を描いてくださっている加藤美紀さんです。初春のほんわかした背景に、黒い影に対峙する龍安と怯える娘。いいなあ……。実際は、もっと落ち着いた色です。(アマゾンにアップされる表紙は、どうも色が薄くなりがちです)

b0122645_220447.jpg



エキサイトでは義援金の受け付けもしています。


by ashikawa_junichi | 2011-03-19 02:23 | いただきもの | Comments(0)
<< 地震でもないのに、ゆらりと揺れる 細谷正充さん編の『娘秘剣』! >>