書けないときはどうしたらいいの?

 駄目です。まったく原稿が進みません。頭がどうかなってしまったようです。

 前に書いたかな……。
 純文学作家の話なので、ぼくのようなエンタメ作家とは違うでしょうが、よく思い出す話を。
 NHKで放送したのですが……

 井伏鱒二と開高健の対談です。
 開高「このところさっぱり書けないんですよ。どうすれば書けるか、先生、教えてくださいませんか」
 井伏「……そりゃ、書くことだよ」
 開高「そうですか、やはり書くしかありませんか」
 井伏 黙ってうなずく。

 まるで禅問答のようですが、なんだか納得。
 とにかく「書く」しかないのね……。
by ashikawa_junichi | 2011-04-18 00:44 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by 足立区のおじさん at 2011-04-18 11:38 x
小生も、311以降、ペースががた落ちです。
なんとか書きかけのものは脱稿したのですが、その後がもう、ペースががた落ちで……。
あの大震災の復興はまだまだ始まらないし、原発は全然収束しないし、余震も大きいのが来るかもしれないと言われれば、どうしたって不安に苛まれてしまいます。
書くしかない、というのはその通りだと思いますが……なかなか筆が進まないというのも人間の自然な感情だと思います。
小生は、自分のペースに身をまかせるしかない、と開き直っております。
Commented by ashikawa_junichi at 2011-04-18 16:37
>足立区のおじさん
 Oじさんも苦労されてるんですね……。
 お互いに、なんとか書き続けましょう。
<< 東電によるさらなる人災 歴史時代作家クラブ幹事会決定事項など >>