ブログについて

 ブログは、市民菜園のようなものだという考え方があるようです。
 写真を掲載したり、自分の工夫したレシピを紹介してみたり、美味しいお店の情報を載せたりするブログは多いですよね。
 そうしたブログに、なんだそのレシピは! とか、そんなお店、不味いよ! と思っていても、ことさらに書くのは無粋だと思います。
 そんなことは、わたしもしません。(よほどのことがないかぎり)
 ただ、政治の問題や、原発への意見などが書かれていれば、もうそれは市民菜園的なブログではないでしょう。ほかの部分はともかく、その記事は。

 わたしはこう思う!と自分の意見を余所で書いて、割を食ったことはあります。
 実際、大御所の作家に睨まれてる気がしますもんねえ(-o-;)
 そうしたことはせずに、こつこつと小説だけ書いていればいいのに……と、思ったりします。いや、ですから、あまりしませんよ。これは黙ってられない!と思ったときだけです。(それも自重したほうがいいでしょうね。もともとノンポリに近いんだから)
by ashikawa_junichi | 2011-05-31 12:06 | 四方山話 | Comments(5)
Commented by 足立区のおじさん at 2011-05-31 13:17 x
匿名でも、ブログという形でなにか自分の意見を表明すれば、作用反作用が起きて当然だと思います。逆に、ないと詰まらない。賛意だけというのは嬉しいし、時に来る反作用は怖くもあります。でも、反作用が怖いのなら、ブログなんかやめてしまえばいい、と僕は思います。もしくは、天候とか料理とか、当たり障りないことばかり書いていればいいのでしょう。
僕は、旗色を鮮明にしたいタチなので、原発に限らず、捕鯨問題もイルカ問題も、自分の意見はハッキリ書きます。書いた時に来る反論にはしっかり応えようという覚悟の上、ですが。それで高校以来の友人を亡くしたこともありますが、まあ、友情より自分の言説を選んだ結果なので、仕方ありません。
今回の石原慎太郎については、池端さんにも芦川さんにも賛同する部分があって、しかも、考えれば考えるほどカオスになってきたので、黙っておりました。
Commented by 足立区のおじさん at 2011-05-31 13:20 x
石原慎太郎は、西欧の基準ではルペンのような「極右」に分類される政治家だと思いますが、いいこともしてるし、ナニを言ってるのかよく判らない政治家の中で、ハッキリ言うことに魅力を感じる有権者も多いのだと思います。
ブログに、評論や批評並みの論理的精緻さを求めるのは野暮なので、ある人物が数日後まるで違うことを書いていても、それを追求するのは野暮だと思っていますが、目に余れば、つい書き込んでしまいます。それは、「公に発表している文章」なんだから、反応があるのは当然でしょう。
ミクシィに反論を書いたりすると嫌われるので、ミクシィはとても窮屈で、だからほとんど書かなくなりました。反論が許されずに、同じ意見の人だけで和気藹々とやるのもいいでしょうけど、素人さんならともかく、名前という看板を背負って仕事をしている人間なら、そうは言っていられないと思います。
Commented by ashikawa_junichi at 2011-05-31 14:23
>足立区のおじさん
 石原慎太郎が、都知事戦に勝ってしまったことが残念でたまらなかったことも、反論する気持ちに拍車をかけました。
 豪腕は必要ですが、間違った方向にも豪腕は発揮されますから、困ったものだと思います。
 魅力を感じる有権者は多いようですが、それが切り捨てられているご老人に多いのが不思議なんです。切り捨てられていると知らないのか、自分は大丈夫で、金持ってない奴はどうなってもいいと思っているんでしょうね。
 石原のことを知らない人もいるのかと……。自閉症の子どもの母親が、石原に入れたと聞いて驚きました。
 また、彼の差別発言が嬉しい人も多いのだと思います。

 ブログは、広く世界に公開されているものですよね。だから、たまに炎上するおそれもあるわけですから。
 このブログは、普段のアクセス数は100以下ですが、キムヨナ悪魔仮面のときは、十倍近くにはね上がったので驚きましたよ(^o^;)
 写真をアップしていたのですが、真偽が分からず削除しました。
Commented by からす at 2011-05-31 22:53 x
ボクも言いたいこと書いてますw
こういう考え方の人も居るんだなぁ~
それで良いんじゃないでしょうか?
自分と違った意見を聞き入れるのも大切なことです。
イタリアのボローニャあたりでは千年以上前から議論を交わしてたそうです。
論じ合うってコトが大切で新たなモノが生まれる様に思います。
ネットって素晴らしい。。。
Commented by ashikawa_junichi at 2011-05-31 23:41
>からすさん
 ブログは「市民菜園」だという方は、論じ合うことを避けたいようです。
 ただ「こういう考え方の人もいるんだなあ」と傍観していろと。
 自分の意見は、自分のブログで書いていればいいと。名指しで反論するなと。
 からすさんのご意見は、これと同じなんでしょうか? それとも、堂々と議論したほうがよいと?

 まあ、わたしも、こと石原に関しては、なぜ評価するんだという憤りが先に立ってしまって我慢できないんです。オトナでなかったのかもしれません。
 自分の石原に対する考えだけを書けばよかったのでしょうが、それでは、おさまりがつかなかったのです。
 石原のよい面を評価するあまり、マイナス面をチャラにしてしまう論の立て方に、どうしても反論したかったのです。
 それには、相手のこのブログの記事に対しての反論だよと、明記したかったのです。そのほうが分かりやすいだろうと思って。
 しかも名前を出して世界にブログを公開しているのですから、名指しでよいと思うのですが……。

 ブログって、優しい人たちの聖域のようなところなんでしょうか???
<< ちと反省 強気ですが…… >>