稲葉稔さんの新刊『名残の桜-さばけ医龍安江戸日記』!

 稲葉稔さんより『名残の桜-さばけ医龍安江戸日記』をいただきました!
 徒組の下士・弥之助の妻、美津は、原因不明の病で、日に日に弱っていた。弥之助は徒組を追われ、薬代を得るために汚れた刺客の仕事を引き受けてしまう!
 龍安は、弥之助を、そして美津を救うことが出来るのか!?
 今回も、稲葉節は絶好調です!
 帯には「病も歪められた人生も治してみせる」とあります。カッコいい!
 ぜひ、書店でネットで、新刊をご購入の上、お読みください!

b0122645_2322179.jpg



 
by ashikawa_junichi | 2011-09-24 03:00 | いただきもの | Comments(0)
<< 猫とドラゴンと女たち まめと一緒に墓参り >>