細谷正充さん編『きずな-時代小説親子情話』!

 細谷正充さんより『きずな-時代小説親子情話』(ハルキ文庫・700円税込)をいただきました!
 収録されている作家は宮部みゆき、池波正太郎、高田郁、山本周五郎、平岩弓枝の錚々たる面々。
 帯には「いつの世も、変わることのない、親子の情愛と絆ー。」とあります。
 その通りですね。東北大震災や福島の原発事故があったせいか、余計に人と人のきずな、親子の情愛に思いをいたすことが多くなりました。
 このアンソロジーを読むと、江戸時代の人々を通して、親子の情愛の大切さ愛おしを実感できるはずです。
 細谷さんは、あとがきでこう書かれています。「切っても切れないのが、親子の絆なのだ。ならば絆は、できるるだけ温かなものであることが望ましい」と。
 ぜひ購入して、お手許に一冊置いてください。いつでも手にとれば、温かい気持ちになれるでしょう♪

b0122645_0201381.jpg


 アマゾンでは売れ行きがよくて在庫がないようです。セブンネットショッピングbk1で購入出来そうです。
by ashikawa_junichi | 2011-09-26 00:23 | いただきもの | Comments(2)
Commented by からす at 2011-09-26 22:09 x
買って読みます。。。
良書を教えて頂いて感謝です。
Commented by ashikawa_junichi at 2011-09-27 15:18
>からすさん
 期待はずれということは絶対にないのでご安心ください。
 いま求められている本のような気がします。
<< The HITS!?「Hot ... 猫とドラゴンのタンブラー >>