怒らない技術

 怒りっぽくなったり、涙もろくなったりするのは歳のせいもあるようで、老人になったら泰然自若とはならないようですね。最近、とくに50代60代の老人(とくに男性)がキレて暴力を振るうことが多くなったと、新聞の記事でなんどか目にしてきました。(壮年と初老というべきですか)
 かくいうわたしも、実に怒りっぽくなってます。涙もろいのは以前からでしたが、いまはさらにひどくなってます。
 わたしの場合、怒るとそのあとの精神状態が不安定になるし、仕事も手につかなくなります。それで、怒りっぽいところを改善しなくてはいけないと思い……
『怒らない技術』(嶋津良智著・フォレスト出版)なる新書を、仕事の合間に読んでました。目から鱗の凄いこと!……は書いてありません。
 ですが「そうすりゃいいのにしてないなあ」と、自分を振り返って思うことはけっこう書いてありました。これから怒ることが減るかな……。

 ほかに怒らないための本があるかなと思って調べてみたら、あるある!
『「しつこい」怒りが消えてなくなる本』『イライラしがちなあなたを変える本』『イライラしたときに冷静になる本』『怒らない生き方』『怒らないこと-役立つ初期仏教法話1、2』『もう、怒らない』『「カチン」ときたときのとっさの対処術』等々……
 逆に『怒る技術』というのもありました。人間は怒りをちゃんと表現するべきで、そのための正しい怒り方を伝授し、さらに怒らない技術も書いてあるようです。(中身検索で目次を見ただけなので、不正確かもしれませんが)
by ashikawa_junichi | 2011-10-01 13:39 | 四方山話 | Comments(0)
<< そうか思秋期か! 早見俊さんの新刊『踊る女狐-婿... >>