吃音(どもり)を誤魔化した思い出

 いまテレビをつけてみたら『五時に夢中!』で、自分の名前が好きかどうかと話していた。
 俺はどうかと思ってみたら、まあ「淳一」というのは、涼やかな感じなので嫌ではなかったなあ……
 でも、苗字のほうはどうもねえ……本名は「亀崎(本当は亀﨑)」っていうんですけどね。あんまりない名前だし、あだ名は決まって「カメ」だもんねえ。
 まあ、それはよいとして、実は子どものころ、吃音だったのですよ。いわゆり「どもり」です。
 そうそう「赤面対人恐怖症どもり!」というあだ名もつけられてました。
「どもり」って、いまでは差別用語なんだろうか。そんなに嫌な言葉ではないけれど。
 で、わたしの場合は「か」行「た」行の言葉が出てこないタイプ。
「カメザキ」という名前のしょっぱなが言えないんですな、これが。
 自己紹介のときなど困りましたよ、ホント。
「……」033.gif顔真っ赤にしたまま、言葉が出てこないんだから。
 でも、子どもながらの知恵を発揮して、なんとか乗り切った記憶が。
 どんな知恵かというと「……メザキです」というのです。「カ」を省くわけ。
 まあ、クラスでのことだから、それで通りましたよ。よかったよかった003.gif

 で、どもりはどうなったかというと、いまでも焦ってしゃべろうとすると、言葉が詰まって出てこないことがよくあります。
 ひきつった顔で、なにかを喋ろうとしているのを見たら、吃音障害が出ているんだなとご理解ください034.gif
by ashikawa_junichi | 2011-12-07 17:18 | 四方山話 | Comments(3)
Commented by 足立区のおじさん at 2011-12-08 09:34 x
僕も吃りです。なかなか克服できません。というか、精神状態がモロに反映してしまうので、まるで出ないときと、出まくる時の差が大きくて……。子供の頃は本の朗読とか、本当に困る局面が多かったです。でまあ、違う言い回しを考えたり、なんとか乗り切ろうとしましたけど……吃りが原因で苛められなかったのは幸いだったと思っています。
Commented by 足立区のおじさん at 2011-12-08 12:54 x
っていうか、芦川さんが今も時々吃る、とはまったく気がつきませんでした。まったく判りません。それは長年の努力でカバーする技術を身につけたせいなのか、年齢とともに軽減なさったせいなのか……その両方ではないかと思いますが。
僕は今でも盛大に出るときがあります。その時は生暖かく見守ってください。
Commented by ashikawa_junichi at 2011-12-08 14:03
>足立区のおじさん
 わたしも子どものころ、どもりで苛められることはなかったです。
 どもりが分からないとのことですが……そういえば、このところどもったことはほとんどないですね。
 1度か2度「か」か「た」で始まることを言おうとして、言えずにいたことがあったような気がしますが……。
 どもりの原因(かもしれないこと)と治療のことなど、ブログにアップしていこうと思います。
<< わたしがドモリになった原因 病院!ジジババ! 雨! >>