千野隆司さんの新刊『戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬』!

 千野隆司さんより新刊『戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬』(小学館文庫・600円税込)をいただきました!
 千野さんが小学校の5、6年のころから温めていた企画だそうです。その元は、スチーブンソンの『宝島』だとか。
 帯には、秀吉の遺した百万両の財宝を捜し出せ! とあります。
 三カ月連続刊行の伝奇小説の第一弾です!
 血湧き肉躍る冒険と、あやしい謎が織りなす芳醇な小説世界が味わえることでしょう。
 そして、伝奇小説といいながら、そこには江戸時代の情緒と人情が、いつもの千野節で素晴らしいスパイスになっていること請け合いです。
 第一弾の舞台は吉原。
 これから拝読するのが楽しみです♪ 

 発売中ですので、ぜひ新刊書店かネットでお買い求めの上、お読みください!
b0122645_214102.jpg

by ashikawa_junichi | 2012-02-05 21:41 | いただきもの | Comments(2)
Commented by ☆t.chino at 2012-02-06 08:49 x
子どもの頃に読んだ本や、観た映画は、気持ちの奥に沈んでいて、思い出すこともめったにありません。でもとんでもないときに、浮かび上がってくることがあります。それをまとめてみたら、「こんなんできました」という感じになりました。
過分なご紹介、ありがとうございます。
Commented by ashikawa_junichi at 2012-02-06 11:26
>☆t.chinoさん
 時代小説が売れているといっても、伝奇時代小説は数人の作家のみが活躍している状況がつづいていたと思います。
 ですが、ここへきて徐々に時代小説の枠が広がってきているような気がしています。
 千野さんのこの作品が、時代小説の地平を切り開いてくださることを期待しています(o^ з^o)v
<< 目指せ30万筆! 指先なし手袋が届いた >>