睦月影郎さんの新刊『鎌倉夫人』!

 土曜日に行われた睦月影郎さんの作家生活33年400冊刊行記念パーティーでいただいたのが、この『鎌倉夫人』(徳間文庫・620円税込)です!
 丑三つ時に通る無人の江ノ電に乗った大学生純司と女性先輩亜紀は、明治時代の鎌倉にタイムスリップ!
 そこで知り合ったのは、男爵家の美貌母娘、比呂子と里美。なぜか二人は純司の顔をまじまじと見るが……!?
 帯には「いつの世も、惜しみなく人妻は少年を奪う」とあります。
 わたしも奪われたかったなあ……。
 五官をこれでもかと刺激する官能描写をご堪能ください!
 夢野久作も登場しますよ♪
b0122645_1255696.jpg

by ashikawa_junichi | 2012-04-04 12:57 | いただきもの | Comments(0)
<< 不義理つづき 歴史人別冊『決定!戦国武将最強... >>