京懐石料理を堪能

 更新が滞っていたのは、仕事ではなく私用で忙しかったからです。
 15日は家族と妹夫婦と総勢5人で墓参りへ。池上本門寺なのですが、鉄の風鈴は風に飛ばされずに無事でしたよ。
 義弟の車でいったのですが、わたしだけ池上駅に送ってもらって、電車で移動。
 新宿住友ビルの京懐石の店『みのきち』へ。
 いやあ、京料理を堪能しました。
 先付けの鱧笹巻ずし、骨せんべい、山桃水晶、吹き流し玉子、ほうずき鮭、白瓜うるか和え、もろこし東寺和え(右)
 お椀の焼目鰻、冬瓜 天の川素麺(左)
b0122645_2231211.jpg

 向付の本日のお刺身 鱧、鮪など
b0122645_22135683.jpg

 旬菜の鮎の笹焼き(壺の中で焼いた直後・左と盛りつけたもの・右)
b0122645_227154.jpg

 冷鉢の冷し賀茂茄子、南京 万願寺唐辛子、みょうが、くこの実
b0122645_2283697.jpg

 酢の物の鱧と順才
b0122645_229221.jpg

 特別に鮎の刺身(左) 活きているところを見せてもらいました(右)
b0122645_22262262.jpg

 丸射込みまんじゅう(左) 
 食事のみょうが鱧ごはんと葛出汁(右)
 二椀目は、ごはんに出汁をかけて食べるとよいといわれましたが、かけないほうが両方の味がしっかり味わえてよいです。
b0122645_22104422.jpg

 竹の中に入ったお酒・花伝はすいすいと呑めてしまいます♪(右)
 水物の甘味 お薄(左)
b0122645_22123689.jpg


 値段は高そうですが、ご馳走になったので、知りません。Tおじさん、ありがとうございました♪m(*^ω^*)m
by ashikawa_junichi | 2012-07-17 22:30 | 食べ物 | Comments(0)
<< 『さようなら原発10万人集会』... 書き上げて 寝て とげぬき地蔵へ >>