師匠よりのお土産で仕事

 気功の会で、師匠のhanaさんから、太宰府天満宮のお土産をいただきました。
 お菓子とこの2本の鉛筆です。2BとHB。
 太宰府天満宮は学業の神様ですが、執筆にも力をお与えになってくださることでしょう♪
 安達Oさんは、使うと短くなり、仕舞いにはなくなってしまうから、使わずに飾っておくと仰ってましたが、やはり使ったほうがいいと思います。
 今日はプロットを考えるのに使いました。写真は、螺旋を書いたもの。北山悦史さんが、執筆の前に螺旋をお書きになるというので、それを真似しました。
b0122645_1251265.jpg

 やはり2Bのほうが減りが速いですね。
by ashikawa_junichi | 2012-10-10 01:26 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 千野隆司さんの新刊『秋の声-棒... 聖龍人さんの新刊『迷子と梅干し... >>