いつものことだけど……

 昨日は打ち合わせのあと、日本文芸家クラブの文芸随筆誌に寄稿するエッセイを書こうとしたのですが、なにを書くべきか迷う……というか、ネタがまったく思い浮かばず、深夜1時になってしまいました。
 もう寝ようと諦めかけた途端、ネタがひらめいて、そのまま執筆に。一応出来上がったのが深夜の2時半過ぎ。
 こうやって早く寝る習慣がなくなってしまうんですよ。もっと早く浮べばよいのですが……まあ、浮ばないよりはマシなんですがね。

 それはともかく、先日、稲葉稔さんのブログを読んでいて、これでなくてはいかんなあという一節に出会いました。
 無断で転載してしまいます。

 
『◆「あっ」
 
 と、

 気づいたら、仕事をしている。

 気づいたら、オネショをしていたというのと同じですね。』

 うーん、これは凄い! こうでなくてはいけません……。
by ashikawa_junichi | 2012-11-02 16:01 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 稲葉稔さんの新刊『別れの虹-さ... 鮎を焼いて食って旨かった >>