人違いで殺されちゃあ、かなわない……

 六本木での金属バットめった打ち殺人の容疑者が捕まりましたが、どうも人違いだった可能性があるようですね。
 敵対する人によく似ているというだけで殺されちゃあ、かないませんね008.gif

 思い出すのが、いまから30年ほど前のこと。場所は六本木のディスコ。(当時はクラブではない)
「あっ、〇〇さんでしょ!?」
 いきなり声をかけられたので、
「いえ、違いますよ」
 と応えると、
「そんなことないですよ。〇〇さんですよ」
 さらに、
「嘘つかないでくださいよ」
 もうひとりに、
「ぜったいに〇〇さんだあ」
 つぎつぎといわれ、人違いだといっても信用してくれないのです。
 同じことが、少なくともあと1回はありました。そのときは、ディスコじゃなく飲食店。その後も、ジロジロ見られて顔をたしかめられることが何度か。すべて六本木の夜の出来事です。
 きっと、わたしによく似た人物が六本木で遊んでいたのでしょう。

 その人物は、どのように歳を重ねているのか!? 私のように15キロも太ったのか!? 髪形はどう変わっているのか!? 気になります。まだ似ているのかな……。
 そして、その人物が敵対するグループに狙われているような男でないことを願います。
by ashikawa_junichi | 2013-01-10 14:55 | 四方山話 | Comments(4)
Commented by ダー松 at 2013-01-10 22:55 x
うへぇ~~
やばい!!

それはともかく地蔵通りの某食堂で
さわら煮定食を食べました。
これが美味くて、大満足♪
気分は井之頭五郎でもう一品食べたくなりましたが
我にかえってご馳走様と店を出ました。
今度一緒に行きましょう。
Commented by ashikawa_junichi at 2013-01-11 01:01
>ダー松さん
 某食堂とは、二つあるあそこですか!?
 ぜひご一緒したいです。それと駒〇にも!
Commented by 幡大介 at 2013-01-11 16:58 x
人違い、恐ろしいですね。
夜、繁華街を飲み歩いていたら、突然、殺気立った男たちに取り囲まれて、
「先生! お原稿は!?」
「もう半年押しですよ!」
などと畳みかけられ、「人違いです」と言っても聞いてもらえずホテルに缶詰にされてしまい……

そんな恐い目に遭わされているかも知れませぬ。そっくりさん。
Commented by ashikawa_junichi at 2013-01-11 17:15
>幡大介さん
 そのそっくりさんが書いた原稿のほうが面白かったりしたら……それこそ、おそろしいです(^o^;)
<< 『燃ゆる白虎隊』 両腕の血圧を測れとさ >>