美剣士

 まず、昨夜のことの補遺。
 白虎隊の歌を歌いたくなったのは、睦月師匠が指導する居合の見学で美剣士を見たから、という動機が強かったのではないかと、いまさらながら気づきました。
 白い稽古着に身を固め、鉢巻きも凛々しい……女性です。有名なかたです。コスプレKさん。
 その清冽な姿は、さながら高畠華宵か伊藤彦造か、あるいは山本タカトの絵から飛び出してきたようでした。
 ほかに上下ともに白い稽古着の女性はいらっしゃらなかったので、特に目をひいたのです。

 えーと、ほかに書くことがあったのだけど、画家の名前を思い出せずに、うんうんう唸って、やっと思い出したら、なにを書くのか忘れてしまいました(^o^;)

 画像は『新吾十番勝負』(嶋中書店)から。表紙絵は山本タカト画伯です。白装束で鉢巻き姿の絵は見つかりませんでした。残念……。

b0122645_2254193.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-01-11 22:45 | 四方山話 | Comments(0)
<< 体罰はいかん 冗談で頭をはたく... 『燃ゆる白虎隊』 >>