玲里初ワンマンライブと新宿の夜

 昨夜は渋谷エッグマンで行われた玲里さんの初のワンマンライブにいってきました。
 いやあ、実に楽しかったです♪
 まずバンドで6曲。 バンドは、玲里(以下敬称略)のほかは、森信行(ドラムス)、松本慎二(ベース)、吉良知彦(ギター)、難波弘之(キーボード)の構成。
 そのあと、玲里、難波弘之、吉良知彦のトリオに。
 そして『名探偵コナン』の挿入歌や、玲里がひとりで楽器を全部こなしたアルバムの曲をカラオケで。
 つぎに、難波弘之とデュオでミュージカル「レ・ミゼラブル」から「On My Own」を、ミュージカルの衣装で。 この曲を歌いたいために一時は演劇をしていたそうです。それだけに、素晴らしい熱唱でした。
 さらに、ゲストに徳永暁人(ベース&ギター)を迎え、最後は組曲に。
 玲里は、途中メイドの姿(深夜アニメ『石田とあさくら』のテーマソング)や、アンブレラを持って歌ったりと、2時間半歌いっぱなし。
 私はライブは久し振り。
 とても楽しい時間をありがとうとお礼をいいたかったです。直接、玲里に挨拶できるので、行列ができていましたが、私は、このあと予定があったので、友人の難波さんに挨拶しただけで、帰りました。
 エッグマンの小冊子に、玲里の年賀状が挟まっていたのですが、バッグを持っていかずに手に持っていたので、どこかで年賀状だけ落としてしましました。残念(T-T)
 ライブの模様は撮影禁止のはずだから、撮影しませんでした。その代わりにフライヤーを。

b0122645_18293242.jpg


 ライブのあとは新宿へ。歴史時代作家クラブの新年会から流れてきた友人たちと合流しました。

b0122645_1854142.jpg


 そして、なんと朝5時まで呑んでました。でも、二日酔いではありません。
by ashikawa_junichi | 2013-01-19 18:11 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 玲里初ワンマンライブの模様 今季初のこと >>