気功の会のあとで電子書籍リーダーを比較してみた

 昨夜は気功の会へ。
 気功を終えて食事をしたのだが、そのときに、聖さんがkoboを持ってきてくれたので、わがkindle(ペーパーホワイト)と比べてみる。
〇koboには、バックライトがない。本を読むのに近い。目にやさしい。kindleはバックライトがある。暗いところでも読める。(暗いところでは読まないけど)
〇次ページへの移動はkindleのほうが若干速い。
〇koboは、ネットにアクセスして青空文庫からすぐにダウンロードできる。
〇重さは、ほぼ同じ。
〇koboは、本のラインナップがまるで充実してない。(これはすでに分かっていたことだが)

 kindle と kobo を比較していると、気功の師匠のhanaさんがアイパッドミニを出してきた。
 これで本ももちろん読める。青空文庫も。ページをめくるときに、本をめくるようにページの端がくるりんと見えるのだ! なかなかよいぞ。
 というわけでアイパッドミニがもっともよいのではないか! という気がしてきた。でも、値段が4倍以上するのがネックだ。
 ネクサスはどうなの?
 ……と、考えていくときりがないので、kindle を買ったのだから、これれとスマホで青空文庫を読むことにする。

 ところで、食事会では、ちと食べすぎて気持ち悪くなってしまった。反省(-o-;)
by ashikawa_junichi | 2013-02-12 13:52 | 小説・本・仕事 | Comments(2)
Commented by hana at 2013-02-12 17:38 x
まあ、私の場合は、ラップトップよりも小さくて持ち歩きに便利、というのが本来の持つ意味なので、本が読めるというだけでは足らないわけで。
携帯電話とは別にしておきたいということもあり。
iPadが小さくなって重宝しております。
Kindleのアプリもあって、読めるしね!
Commented by ashikawa_junichi at 2013-02-12 20:13
>hanaさん
アイパッドは電子書籍リーダーにもなるので、重宝しますよね。
携帯電話をガラケーにして、アイパッドミニを持ち歩くというのは、とても魅力的な選択だと思います。
わたしもそうしようかなと一時期思っていたのですが、家にいることのほうが多いので、アイパッドは結局買わずじまいになりました。
<< 久し振りのまめ写真 kindle と kobo >>