カナダ製のボールペンには鉄人28号が似合う

 早起きの義弟が、息子を学校に送っていこうかと申し出てくれたのだが、息子が大丈夫だと断ったようだ。
 本当に大丈夫か!? まあ、信用しようじゃないか。

 ところで、大丈夫じゃないのが、聖さんからいただいた、カナダ土産のボールペン。
 なにしろカナダ製だから、日本製と違う。なにが違うかというと、タッチして芯を押し出すシステムが微妙に違う。キャップのような形を押すと、芯が出るのだ。普通のボールペンのような小さい突起ではない。
 それで、つい間違ってキャップのようなものを、キャップと間違えてスポンと取ってしまった。
 そしたら、元に戻らない! 無理矢理入れたら、芯の出し入れができなくなって、ペン先が出たままになってしまった。このままでは、ペンの先が乾いてしまう!
 というわけで、まず、ぷっちょのまゆゆっちょを刺したけど、すぐ取れてしまうし、なんだか、まゆゆっちょが、その……痛い目に遭わされているみたいで、可哀相なのでやめた。

b0122645_212018.jpg


 かわりに、いいもんがあった! 鉄人28号のライターケースだ! このライターケースの漫画シリーズは、たりらりらんのおじさんや、バカボンのパパも持っている。でも、やはり鉄人がカナダ製ボールペンには、もっとも似合っている!

b0122645_2120162.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-02-24 21:21 | 四方山話 | Comments(0)
<< 気功は休んで仕事に集中 息子の負傷続報 >>