坂口安吾

 織田作之助と太宰治の写真を貼ったのだから、坂口安吾も貼らなくちゃ。
 これで、戦後無頼派の御三家が揃ったわけですな。(ルパンでの写真がないのが残念。というか、ルパンの客になったことがあるのかどうか知りません)

 ところで、安吾はあまり読んでないんです。
 このひと、三人の中では、幅の広い人ですよね。純文学、エッセイ、そして探偵小説。捕物帳も書いてる。
 わたしが読んだのは「堕落論」と純文学数編。そして「不連続殺人事件」「安吾捕物帳」くらい。
 暇ができたら、安吾を読んでみます。安吾の本はけっこう持ってるのに未読ばかりなのです(^o^;)

b0122645_2340090.png


 この写真も林忠彦撮影です。
 朝日文庫で林忠彦の『文士の時代』という本が出ていて、面白いですよ。
 文士にまつわるエピソードと、写真が満載です。(絶版のようですが)
by ashikawa_junichi | 2013-03-04 23:46 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 安吾はルパンの客だった 朝松健さんの新刊『邪神帝国』! >>