千野隆司さんの新刊『夏初月の雨-へっつい河岸恩情番屋』あ

 千野隆司さんより新刊『夏初月の雨-へっつい河岸恩情番屋』(コスミック時代文庫・660円税込)をいただきました!
 千野さんが満を持しての新シリーズとブログに書かれているとおり、意欲的なシリーズの開幕です。
 主人公・能勢伝七郎は、家禄二百五十石の小旗本だったところが、もろもろの生きがたさから、一切を捨てて、侍身分を隠して自身番屋の書役になります!
 市井でのんびり暮らせると思っていたはずが、自身番には、さまざまな事件や厄介事が持ち込まれます。
 のんびりしたいだけの、やる気のないおじさんが、どうやって町のトラブルや難事件を解決していくのか!?
 さらに、江戸の町の仕組みについても紹介してくださってます♪
 新刊書店かネットでお買い求めの上、お読みください! 発売予定日は8日月曜だそうです。その前に、すでに大型書店には並んでいそうですね。

b0122645_1153667.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-04-07 01:15 | いただきもの | Comments(0)
<< 気功始めて、はや5年目に突入。 ETCをやっと搭載した >>