眼の検査結果と歴史時代作家クラブ賞のパーティ

 6月14日金曜の眼の検査は異常なしでした。
 さらに、10年ほど前からあった右目の 原因不明の視野欠損が治ってました。
 そういえば、見えない箇所があったせいか、ディスプレイを見ていると、鬱陶しいときがあったのですが、このところまったくありませんでした。
 これは自然と治ったのか、はたまた(聖さんが仰ったのですが)気功のおかげかもしれません。いや、きっと気功のおかげでしょう♪

 夜の歴史時代作家クラブ賞のパーティーは、昨年と同じく盛況でした。
 賞に輝いた作家のかたがたのスピーチは感動的で、小説を書いている者にとっては、大変刺激になるものでした。みなさん、おめでとうございます!
 わたしは、去年と違って副代表を退任しているので、気楽に過ごさせてもらいました。

b0122645_17161422.jpg


 写真は右から、新人賞の仁志耕一郎氏、シリーズ賞の藤原緋沙子氏、作品賞の伊東潤氏、同じく作品賞の帚木蓬生氏、実績功労賞の高橋克彦氏です。
 ほかに、故北原亞似子氏に特別功労賞が贈られました。

 会場は神楽坂だったのですが、近くの店で2次会がありました。わたしは、編集さんと打ち合わせがあったので参加せず、『酒蕎庵まろうど』へ。
 結局、この店で零時すぎまで呑んでました(^o^;)
by ashikawa_junichi | 2013-06-16 17:18 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< ♪なにも怖くはないわ♪ 今日は眼の検査のあとに歴史時代... >>