昨日はカツオ今日はスイーツそして『星町の物語』

 昨夜は、かみさんの友人からいただいたカツオの刺身をたらふく食べました。
 かみさんは呑みに、息子はカツオを美味しいといって食べていましたが、眠いといって途中で眠ってしまいました。
 腹いっぱいになったので、息子の夜食に残してやったのですが、深夜零時を過ぎても起きないので、こりゃあ朝まで寝てるなと思って、残ったぶんも食べてしまいましたよ。
 案の定、朝まで寝てたので文句はなし。

 今日は、起きてからおはぎ(これもいただきもの)を食べて、かみさんとペットのまめとで池上本門寺へ墓参り。
 ペット連れで、外のテーブルで蕎麦でも食べようかと思ったら、満席。ほかの店はといってみれば改修中。しかたなく、屋台のクレープで甘いやつを。
 夕食まで、腹の中はスイーツのみ。

 しかし、いきなり涼しいですな。こんなに涼しいのに、息子はガンガンに冷房をかけてます。寒い。
「冬は煖房を一切使わないからいいでしょ」……ですと。

 仕事は、なんというか、牛の歩み。カタツムリの速度。

 ところで、最近買った太田忠司さんのショートショート集『星町の物語』(PHP文芸文庫)が面白いです♪
 文庫の表紙はYOUCHAN。
 帯のある部分にはなにも描かないイラストレーターさえいるのに、YOUCHANは帯をとると、また違った雰囲気の絵になるという工夫をされてます。見事!
 太田さんのショートショートは、どれも素晴らしく、そのストーリーが、YOUCHAN手がける星町の地図になっているという仕掛けもありますよ。

 帯をつけた書影をアップします。帯のとれた絵をご覧になりたいかたは町の本屋さんへ! ほかでも見られますがね(^o^)

b0122645_1625270.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-09-23 22:47 | 四方山話 | Comments(0)
<< ふたたび『姉は幽霊』のこと 口癖を変えます >>