秋山駿氏逝去

 昨日の朝日新聞夕刊で、文芸評論家で日本藝術院会員、そして歴史時代作家クラブで顧問を務めてくださった秋山駿氏が、2日に食道ガンで亡くなられたことを知りました。83歳だったそうです。

 その大きな文学的業績は周知のことですが、歴史時代作家クラブのパーティに、何度も出席してくださったことは忘れがたいことです。

 今年の歴史時代作家クラブ賞の授賞式には、入院中の病院から駆けつけてくださいました。ありがたいことでした。
 ご挨拶しようかと思いましたが、氏のまわりには、沢山のかたがたがおられたので、遠慮してしまいました。謦咳に接せられなかったのが心残りです。

 
 戦争中から時代小説を読むことでいっときの癒しを受け、楽しませてもらったので、これからも時代小説を愛読し、書き手を応援しますというお言葉は胸にしみいっています。

 謹んで、秋山駿氏のご冥福をお祈りいたします。
by ashikawa_junichi | 2013-10-04 14:41 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 『東京シャッターガール』! 聖龍人さんの新刊『別れの秋空-... >>