『東京シャッターガール』!

 週刊漫画ゴラク不定期連載の『東京シャッターガール』(桐木憲一作・ニチブンコミックス)が映画化されました!
 オムニバスで、三作の短編です。監督も主演女優も、ほかの出演者も作品ごとに違います。
 池袋シネマ・ロサで、10月12日から25日までレイトショー上映されるそうです。初日は舞台挨拶があって、三監督、三主演女優、そして原作者が出演する予定だとか。

b0122645_1552336.jpg


 漫画ゴラクは、わたしの古巣ですが、ちゃんと試写会にネットで応募して当選したので、観賞してきました。
 好みは冒頭の手塚眞監督の『わたしは、シャッターガール』でしょうか。映像がはじけてました。多幸感さえ感じました♪
 最後のコバヤシモトユキ監督の『夢路! お前無茶すんなぁ!』は原作に同じタイトルの作品がありますが、話はかなり違います。ほかの作品も混ぜて、恋愛&ストーカーを絡めていて、面白かったです。
 真ん中に上映された寺内康太郎監督の『写真って何?』は、暗く重い話でした。でも、監督の写真と青春に対する真摯な態度が迫ってきて、なかなかの力作です。重い話なんで、真ん中に持ってきて正解ですね。

 漫画家桐木憲一さんの原作も紹介しておきましょう。これも書店で購入しました。
 読んでいると、なんだか温かな気持ちになるんですよね。なんでしょうねえ、この甘酸っぱい幸せな気分は……。

b0122645_151333.jpg


 桐木さんは、池袋のいまはなきトキワ荘の近くの赤塚不二夫が住んでいたというアパートで、漫画を描かれているそうです。
 先日の『モヤモヤさまぁ~ず2』に出演されてましたね。
by ashikawa_junichi | 2013-10-08 15:14 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 薬膳豚しゃぶと劇場版『未来福音... 秋山駿氏逝去 >>