わたしのジュニア小説

 前のブログ記事でジュニア小説について書いていて、子どものための小説を書いていた時期が懐かしくなりました。
 ここに表紙をアップしたつもりになってましたが、見当たらないので、まとめてアップします。
 右端がデビュー作の『少女探偵はアイドルの味方』(コアラブックス)です。つぎが『初恋は誘拐事件のはじまり』『怪盗は美少年がお好き!?』『眠り姫はナゾの美少女!?』(ポプラ社)です。
 真ん中の2冊は、なんと少女の一人称で書いてました。いまではとても書けません。当時でも蛮勇でした(^o^;)
『初恋は誘拐事件のはじまり』だけは、そこそこ売れました。
 増刷が決まったという連絡があったのですが、その数日後、返品が予想外に多かったので、増刷は中止になったという報告がきて、ガッカリしたものです。
 自分でいうのもなんですが、面白い小説なんですよ。とくに、右からの3冊は。4冊目は迷ってしまって、いまいちの出来だったような……。

b0122645_23525784.jpg

by ashikawa_junichi | 2013-10-23 23:54 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 腹が出ちまって減量せねばと思っ... 再び『終夜図書館』 >>