福島発『とねりこ』創刊号

 福島県いわき市の友人から、ふくしまで暮らす手帖『とねりこ』(のはら舎)のことを知り、購入しました。
 東北大地震と福島原発事故が起きて、もうすぐ三年が経とうとしていますが、『とねりこ』は災害と事故の風化を防ぐために、福島の人々の声や姿を伝えることを使命として創刊されました。季刊誌のようです。
 創刊号のふゆ号は、会津を特集していて、新島襄や妻の八重、川崎尚之助などにまつわる話などが盛りだくさん。さらに、福島のいまをレポートしています。
 黒田征太郎氏のカレンダーもついてます。 
 お求めになりたいかたは、のはら舎スタッフのいる福島市やいわき市の書店や店で購入できるほか、ホームページからも注文できます。
 ホームページはここ→のはら舎
 購入したのは、1月上旬だったのに、紹介が遅くなってまいました。
 仕事でばたばたしていたせいです(^o^;)
 売れ切れていて購入できなかったら、すみません。

b0122645_2249326.jpg
 

b0122645_22494344.jpg


b0122645_22495731.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-01-25 22:52 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< ゲラ三昧の日々と気功の会 中性脂肪過多と長財布 >>