『一老人』(定金冬二句集・倉本朝世編)

 定金冬二氏の句集『一老人』(倉本朝世編)を拝受しました。
 心に迫ってくる句ばかりです。
 ときに胸を刺されます。
 広く定金氏の川柳を知ってもらうために、あざみエージェントさんが無料で送ってくださいます。
 ぼくがこの句集を知ったのは、たしか新聞記事からでした。
 その記事には以下の句が紹介されていて、強くひかれたのです。

 独りしかいないので独り言をいう

b0122645_16553565.jpg


 笑われているのでこちらから笑う
 わたくしの通ったあとのすごい闇
 振り向くと妻が釘抜き持っている
                   など
by ashikawa_junichi | 2014-03-24 23:16 | 小説・本・仕事 | Comments(0)
<< 悲鳴を上げる 昨日は『熊野(ゆや)』『道成寺... >>