『ハルナガニ』を観劇

 21日月曜日は、三軒茶屋のシアタートラムで、かみさんと『ハルナガニ』を観劇しました。
 原作は芥川賞作家・藤野千夜女史の『君のいた日々』です。
 演出は内藤裕敬氏、脚本は木皿泉氏。出演は、薬師丸ひろ子、渡辺いっけい、細田善彦、菅原大吉、菊池亜希子の各氏。
 原作とはずいぶんと趣が違っていましたが、家族とは? 人を思う心とは? 人の存在とは? という核心のテーマは同じでした。
 原作は涙涙でしたが、舞台は笑いがたくさんあった上に、最後はしみじみとしました。
 27日の日曜までシアタートラムで上演しています。また梅田芸術劇場で5月2日から4日まで短期間ですが上演しますよ。

b0122645_142441.jpg


 観劇後は(ぼくとかみさんとは旧知の仲の)藤野千夜女史と装幀家の稲葉さゆり女史、さゆり女史のおねえさん、漫画家・イラストレーターの風忍氏、そして画家で『君のいた日々』の表紙も描かれた北澤平祐氏と回転寿司屋へ。イザカヤ・トリビーのミカさんも合流して、楽しい時間を過ごしました。
 回転寿司屋といっても、大きな店なので、席はテーブルです。
 ぼくは、二つ年上の風忍氏と、昔のテレビ番組の話などで盛り上がりました。
 回転寿司屋を出たあと、風氏、ミカさんは帰り、残りのメンバーでカフェへ。
 夕方5時すぎに入ったのですが、出たのは11時でした。ずんぶん長く話していたのですが、あっという間でした。
by ashikawa_junichi | 2014-04-22 01:55 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< 『ハルナガニ』のパンフレットで... 筍と北島商店のメンチカツ >>