生まれてはじめての宝くじ

 このところ、懸賞に2度つづけて当たっておりました。
 ひとつは、去年ですが、ケーブルテレビの懸賞で旅行券3万円分。
 もうひとつは、先々月、SONYのデジタルスチールカメラが、車のディーラーの懸賞で当たりました。
 これまで、懸賞に当たった経験は、小学校時代に王選手のサインボールのみ。
 懸賞なんかに当たると、運が減るから当たらないほうがいいと思っていたのですが、当たり始めると、運に総容量なんてないぞ、これからも運気は上がっていくに違いないと、勝手に都合よく考えるようになった次第。

 そして、つぎになにを思いついたかというと、これまで一度も勝ったことのない宝くじの購入です。
 みずほ銀行の窓口へいき、どのくらい買ってよいのか分からないので、300円のくじを3枚だけ買いました。あとで編集さんに聞いたら、普通は3000円くらい買うものだとか。
 売り場のおばさんが、なんとなく冷たく思われたのは、枚数が少なかったからかも。

 そして、今日、抽選発表が。
 もちろん、外れました。いくらなんでも、そんなに運がよいわけがありませんでした。

 旅行券はどうなったかというと、かみさんとお義母さんにプレゼントしました。二人で、ディズニーシーへいって一泊してくるそうです。
 カメラのほうは、けっこう重いのに持ち歩いて、シャッターチャンスをうかがうことが多くなりました。そして、欲張りにも一眼レフがほしくなってきましたよ。
 ……まあ、実際に買うまでカメラにのめりこむことはないと思いますが。

 王選手のサインボールは、なくしてしまいました。

b0122645_2232423.jpg

by ashikawa_junichi | 2014-08-05 22:32 | 四方山話 | Comments(2)
Commented by 幡大介 at 2014-08-06 02:16 x
そのカメラは素晴らしいカメラです。
下手な一眼より綺麗に撮れますよ。
Commented by ashikawa_junichi at 2014-08-06 18:48
>幡大介さん
 ええっ!? そうなんですか!
 では、実にラッキーな景品ということに!?
 このカメラを大事に使うことにします!(^O^)/
<< 懸賞を当てるには 野方「焼酎場ぁ~くんちゃん」へ >>