懸賞を当てるには

 さまざまな景品に応募しているけれど、無欲のときに応募したものが当たる確率が高いという人がいます。
 最近、宝くじも当たったそうですよ。
 無欲で宝くじを買うということは、買うことが習慣的になっていなくては駄目ですね。ルーティンワークのように買いつづけていると、今回は当たってくれよなんてことは思わずに、気がついたら購入していることに。
 そういうときに、当たるようです。
 それは、そのかたの当たるパターンですが、なんとなくうなずける話ですよね。

 わたしは、宝くじにはもともと興味がなかったので、今回が最後の購入となることでしょう。
by ashikawa_junichi | 2014-08-06 18:58 | 四方山話 | Comments(0)
<< 評判堂さんからのお菓子とチョコ... 生まれてはじめての宝くじ >>