懐かしいマッチ箱 2

 天袋の大掃除で出てきたマッチ箱の詰まった箱の中から、セレクトしたものをアップします。
 歌舞伎の絵のマッチは、道頓堀『くいだおれ』のものです。裏は文楽の絵が描かれています。下のほうの『モコ』も道頓堀です。
『平家屋敷』は、徳島県の西祖谷のもの。『なるとびる』は、徳島駅前にありました。
『ETOILE』は、新宿のサブナードの店。絵は、伊坂芳太良。懐かしいですねえ……。
『ルックアップ』は、松山市。『Coolie's Creek』は六本木です。
『イノダコーヒ』に説明はいりませんね。京都の本店でもらったものです。
『ぽえむ』は、永島慎二氏の漫画に出てきて有名でしたが、いまはもうありません。
『茶房』は別名か、あるいはサブネーム『早稲田文庫』。著名な文学者たちの色紙が壁にたくさん貼ってあります。
 マッチ箱が載っている原稿は、少女のために書いた小説の下書きで、25年前のものです。

b0122645_22483625.jpg


b0122645_22534224.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-08-26 22:50 | 四方山話 | Comments(0)
<< 大阪人は変わっていなかった 懐かしいマッチ箱 >>