『嫁』という呼びかた

 どうにも、東京の人間が『うちの嫁』というのに違和感があってしかたがありません。
『嫁』ってのは、家につく女って意味で、封建的な意味合いが濃厚です。家制度が堅固な関西の人たちが「うちの嫁」とか「嫁さん」「嫁はん」と呼びますが、テレビで吉本芸人たちが連発するせいか、東京の人間までもが呼ぶようになったと思われます。
 関西の人たちが(東北の人たちも使うようですが)『嫁』という言葉を使っても文句はありません。ただ、東京でそう呼ぶ人がいなかったのに、最近増えていることが嫌で嫌でたまらなかったのです。

 ですが、もうしかたがないことなのかと、思い始めました。言葉は、絶えず変化をしていくもので、使う人が多くなればなるほど、それが普通の言葉になっていくのでしょう。
 いま『嫁』と使っている人に、封建的な、あるいは差別的な気持ちはないでしょうし。
 だから、もう東京の人が使っても、表立って文句はいいません。しかたがないと諦めます。

 ところで、わたしは結婚している女性のことをなんと呼んでいるのか。
 わたしは『かみさん』と呼んでいます。山の神が語源で、畏怖の念がそこにはあります。
 これには、異論があって「こめかみ」の「かみ」だというのです。酒を作るために、米を踏んで、それを口で噛む……それをする女性を呼ぶので、これも封建的、差別的ではないかと。ですが、辞書やネットで調べても、この説は出てきません。だから、あまり気にしないでよいとは思いますが……。

 ただ、ほかに適当な呼びかたはないものかと考えてみました。

 友人で『連れ合い』と呼んでいる人がいました。(現在は離婚) これは、ちょっと気取った感じで使えません。
『相方』と呼ぶ人もいるそうですが、漫才コンビや合作作家ではないので、これは一度聞いても、結婚している女性なのかどうか分かりませんよね。

 五木寛之氏は『風に吹かれて』だったか『ゴキブリの歌』だったかで、自分と結婚している女性の呼び方をいろいろ考えた末に『配偶者』にすると書いておられました。それが最適ではないけれど、ほかに適当な呼びかたがないので、これが現在の言葉の中では、ましなほうだ……ということだったと思います。
 でもねえ、それではあまりに味気ないです。
 やはり、いまのところ「かみさん」しかないのかなあ……。

b0122645_17542375.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-08-28 18:15 | 四方山話 | Comments(0)
<< 押し入れの中から懐かしいものが 大阪人は変わっていなかった >>