乱歩賞パーティから『江戸を描く 十二巡り暦展』へ!

 昨夜は、帝国ホテルで開かれた『第61回江戸川乱歩賞』受賞式とパーティーに出席しました。
 受賞作は、呉 勝浩さんの『道徳の時間』です。
 セレモニーなどが終わったあと、まつどんさんに、体臭のついた服をどうやってつけおきし、洗うかについてご教示を得、さらに、すぐれもののイタリアのオーデコロンについても教えていただきました。
 ただ、嗅覚の鋭いまつどんさんに「芦川さん、ぜんぜん臭くないですよ」といわれたので、嬉しかったです。
 寿司や天ぷら、蕎麦など和食を主につまみ、ローストビーフを3切れ食べ、何人かの人たちと話したあとは、19時30分すぎ、有志5人と一緒に麻布十番へ。
 元麻布ギャラリーで開催されている『江戸を描く 十二巡り暦展』の交流パーティに途中参加しました。
 十一人のイラストレーター、画家のかたがたと、一人の刀匠のかた、ゲスト参加の三人のかたがたの作品群は、見応えがありました。
 宮島浩次さんが、協賛した人たちの似顔絵を描いてくださっていますが、わたしも一応その中のひとりなのです。
 自分の似顔絵を見て「なんか似てないなあ」なんていってしまいましたが、いま鏡を見てみると、似ていますね! 宮島さん、ごめんなさいm(_ _)m
 その似顔絵が飾られているスペースの前で、聖龍人さんと、デンカさんの果たし合いが始まりましたので、スマホで撮影。決定的瞬間です。もちろん模造刀です。念のため。
 一番下の絵がわたしの似顔絵です。

b0122645_2152141.jpg

by ashikawa_junichi | 2015-09-11 17:26 | 音楽・アート | Comments(0)
<< 34年前にいただいたドライヤー 2015 国会前「8・30」 ... >>