『的を得る正統論を滅ぼすためのブログ』!

 以前、ここに「的を得る」は間違いで「的を射る」といわなくちゃならない! と、書きましたが、三省堂国語辞典などでは「得る」でいいという見解でした。(もともとは間違いだと主張していたのを転向)

 わたしは、以前、亀田誠治氏に「的を得るというのは、間違いだ」とツイートして無視されました。(後に謝罪ツイート。これも無視されましたが、まあ、相手は有名人で格が違うし、忙しいのでしょうからしかたありません)

 今日は『ミヤネ屋』で、宮根誠治氏が「的を得る」といっているのを聞いて、やはり違和感を抱いてしまいました。

 言葉というものは変化するものだし、そのときどきで大勢の人が使っていれば、それでいいんじゃないのというのが、国語学者金田一先生などの見解です。
 いまでは、わたしもそうだろうと思いますし、わたし自身、ほかの言葉で間違ったいいかたや読み方をたくさんしていますので、もうこの問題はいいかなと思っていたのですが……。(三省堂は、変化したのではなく、もともと「得る」でよいという見解です)

 この問題で、戦いつづけているかたがおられます。
 広く世間に知らしめてほしいというメッセージをいただきましたので、ここに紹介させていただきます。
 そのかたは『スライム国』というかたですが、もちろん『イスラム国』を支持しているわけではなく、その逆のようです。(ポケモンが由来だそうです)
 ここ↓です。ぜひ、ご覧になってください。

的を得る正統論を滅ぼすためのブログ
by ashikawa_junichi | 2016-01-20 16:06 | 四方山話 | Comments(3)
Commented by スライム国 at 2016-01-20 18:36 x
ありがとうございます<(_ _)>
Commented by 正鵠:身を持するに厳正を的とす at 2016-02-11 23:20 x
「的を得る」が誤用だと言って戦ってる方で、平家物語にも登場する「射得たりや」の矢叫びに言及されている方は一人も居ません。おそらく明治以降の弓道家は「的に中てようとしていない」という事実も知らないことでしょう。ご紹介のブログも都合の悪いコメントは載せない方針のようですし信ぴょう性がありません。
Commented by ashikawa_junichi at 2016-02-11 23:44
>正鵠:身を持するに厳正を的とすさん
 コメントありがとうございます。
 いま、わたしは誤用にこだわりたくはないのですが……正鵠(以下略)さんのコメントが、誤用ではないという論旨になっているのかどうか、よく分かりません。詳しく説明をしていただけないでしょうか。
<< これからはじまるあなたの物語 指出し手袋 そしてグレン・フライ逝去 >>