キャベツ大好き ザワークラウト堪能

 わたしはキャベツが大好きです。
 八丁味噌をつけて食べるのも、千切りにしてウースターソース、あるいは中濃ソースをつけるのも、ドレッシングをかけて食べるのも、煮るのも焼くのも蒸すのも、すべて好きです。
 小学校の給食で、薄いソースをつけて食べるのも好きでした。ウースターソースよりも。あの安っぽいソースはいったいなんだったのでしょう。水で薄めてたのかな……。
 まあ、わたしはみんなが嫌いだといっていた脱脂粉乳が大好きでしたから、味覚が少々おかしいのかも。いや、貧しいというべきか(^o^;)

 まあ、それはともかく、キャベツの話に戻りますが、酢漬けキャベツも大好きです。
 ザワークラウトというやつ。
 初めて食べたのは、レストラン・ライオンかなにかだったでしょうか。ソーセージに実に合いますね。
 ドイツの児童文学『大どろぼうホッツェンプロッツ』では、子どもの御馳走として、なんども出てきます。
 読んで食べたくなった息子は、酢漬けと聞いてガッカリしていました。
 そのザワークラウトの輸入品が、成城石井に売っていることを知り、買ってみました。いやあ、旨いですね。400円ちょっとの値段が高いのか安いのかよく分かりませんが、これからも買いつづけることになるでしょう。

b0122645_113884.jpg

by ashikawa_junichi | 2016-03-20 12:05 | 食べ物 | Comments(0)
<< 墓参りから戸越銀座へ わたしの第二のデビュー作 >>