宝生能楽堂で『吉野静』などを鑑賞

 今日は水道橋の宝生能楽堂で『吉野静』『船橋』そして狂言『富士松』を見てきました。
『吉野静』は、シテ・東川尚史さんの静香御前の舞があでやかでした。
『船橋』は、シテ・野月聡さんの悪鬼の舞が圧巻。迫力がありました。
『富士松』は、連歌の掛け合いが面白いのですが、半分くらいは聞きとれませんでした(-o-;)
『船橋』では、ちょっとしたハプニングがありましたが、それもまた楽しかったです。

b0122645_23185798.jpg


 いつものは、鑑賞後、一緒にいった人たちと食事&飲み会になるのですが、今回、帰りはひとりになっていたので、すぐに帰宅。なんだかぐったりしています。けっこう鑑賞にエネルギー使ってるんですね。酒を飲んでしまうと麻痺して分からなくなってたのかも。(それとも、今日は睡眠不足だから、疲れやすいのかな……)
by ashikawa_junichi | 2017-02-18 23:23 | 映画・演劇 | Comments(0)
<< ポメラDM200 松本孝氏の御逝去を悼みます >>